NEWS

準備中は 営業中ではありません


当たり前のタイトルですが
お客様へご理解いただきたいと切に願います

ビックリされるかもしれませんが、
ドアの前に、「準備中」というボードを出し、店内の照明が明るくなっていなくても
フツーに入店される方が、沢山いらっしゃいます
準備中のボードは、イーゼルに立て、扉を開けるには邪魔な場所に
位置しておりますが、それでも、
「いいですか?」と入ってこられます

答えは
「開店までお待ちください」
どんな場合も基本姿勢は変わりません

ランチタイムは11:30〜
ディナータイムは18:00〜
カフェタイムは、ランチタイムから閉まらずの流れです

なぜなら、オンタイムに、お客様をきちんとお迎えする為の準備を、
分刻み、いいえ、秒刻みでおこなっているからです

ちょっと自分に置き換えてみて下さい

デートの約束があります
11:30に彼が家まで迎えに来るとします
その場合、11:20頃は、最終チェック中です
完璧と思ったら、ストッキングが伝線していて、あわてて履き替えているかも
しれません
ひょっとしたら、準備万端だから「少し早くきてくれてもいいのに!」と
余裕かもしれません
でも、彼女の様子は、彼にはわかりません

そんなとき、迎えに行ったあなたはどうしますか?

①約束の時間より早くても、扉をノックする
②時間ぴったりにノックする
③準備が整った彼女が、出て来るまで外で待つ

紳士淑女の皆様なら、もうおわかりですよね

お店もそれと同じなんです

少なくとも、屋久島ヴィータキッチンは、
毎日、
初めてのデートを、完璧にするための準備をして
営業時間を迎える努力をいたしております

準備が整うまで、待ってくださっているお客様の気配は、ちゃんと感じております

おこがましいようですが、

お店にもお客様をお迎えするマナーがあるように
お客様にも、マナーはあると思います

そんなことを大事にしてゆきたいと思っております

鶴.gif

㊟ 中には、フレンドリーなスタイルのお店もおありでしょうから
これはあくまでも、
「機織り中の姿を決して見せない、鶴」を目指す
屋久島ヴィータキッチンのお話です